こんにちは
サイエンスホーム尾張清須店です
建てる際に
間取りで失敗したと感じやすいのは
動線を考えなかったときです
部屋と部屋の移動や部屋の中での動き方を考えて
部屋や物を配置できていないと
何か行動する度に無駄な動きが必要になるからです

特に家事動線がしっかり考えられているかどうかは
間取りが失敗か成功かを判断するカギになります
また、将来的な家族構成や生活スタイルを
考えていなかった場合も
失敗したと感じることが多くなります

例えば
新築時よりも子どもの数が増えた場合
小さかった子どもが成長して大きくなった場合には
部屋数や広さの問題で住みづらくなってしまいます

子どものことだけでなく
自分が年を取ったときのことなども含めて
将来の住み方を想定して、間取りを変更できるように
しておくことが成功のポイントです