家って一体何歳くらいで買うのが良いのでしょうか?

結論からすると、家の購入のベスト年齢はズバリ「30歳」です。

また、少しデータは古くなりますが

株式会社リクルート住まいカンパニー

「2017年首都圏新築マンショ契約者動向調査」という

調査結果を公表、リクルートの調査によると

住宅購入の世帯主平均年齢は38.6歳となっています。

平均年齢だけをみると、皆、なんとなく40歳前後で

購入している感じがしますが、実はそんなことはありません。

首都圏の新築マンション購入者の平均年齢は38.6歳ですが

”年齢分布を見ると30代前半が一番多い”ことが分かります。

20代が少なく、逆に30代後半以降にもある程度の数が存在するため

平均すると、どうしても年齢が高く見えてしまいます。

これは数字のマジックであり、平均年齢が実態を表しているとは限りません。

実際には、3割以上のかなり多くの方が30代前半で家を購入しており

30代でくくると半数以上の人が30代で家を購入していることになります。